Home > スポンサー広告 > bjリーグプレシーズン9月26日高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

hub URL 2008-09-29 (月) 10:01

ホント久しぶりの更新ですね(^^;

読み応えのある戦評・・・さすがです!

なによりベンチの雰囲気が明るい
これはマット&G効果なんでしょう
長いこれからのシーズンも、この雰囲気を忘れないで欲しいです


ナムナム URL 2008-09-29 (月) 20:58

hubさん

こんばんは

不定期ですが素人が勝手な事を書いていこうと思っています。これからもよろしくお願いします。m(__)m


今シーズンのアローズは1人で状況を打開できる選手がいなくなった分、昨季以上にチームプレーが重要になってくるのでしょうね。
シーズン終盤に、勝つ為の最善の手段としてのチームプレイという意識をチーム全員が持っていたとしたら、本当に強いチームになっているんだろうと思います。

逆に手段が目標化していたら・・・。

ナムナム URL 2008-10-08 (水) 02:23

JBL→BJ 移籍選手の記載漏れがありました。

JBL日立→BJ滋賀 小島佑太選手

JBLレラ北海道(AC)→BJ東京 矢田公作選手(米国籍)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/95-bd9fc57a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ダライ録

Home > スポンサー広告 > bjリーグプレシーズン9月26日高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > bjリーグプレシーズン9月26日高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合

bjリーグプレシーズン9月26日高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合

tip off
更新をさぼっている間にプレシーズンゲーム開催の日になってしまいました。
もちろん行きました。自転車で。

まず高松ファイブアローズ08-09シーズンのロスターを書き出してみます。

昨シーズンの最終戦のロスターから

#5宮本 PG(bj退団)
#11城間 SG(プロ引退)
#7石田 PF(プロ引退)
#23ホーン SG(bj埼玉へ移籍)
#2ウォーレン PF(bj埼玉へ移籍) の5名がチームを離れ、


#4高田 F(JBL三菱より移籍)
#18ギャリソン F(bj埼玉より移籍)
#5ゴードン PF(bj埼玉より移籍) の3名が新たに入団。


【日本籍選手7名、外国籍選手5名、計12名】のロスターになっています。
※丸岡監督(退団)、通訳の人(退団)、青木HC(残留)、マネージャー、トレーナー(残留)

#0 喜多PG 、#12 野々口PG 、#9 岡田SG 、#6 竹田SG 、#33 菊池SG 、#31 井上F 、#41 高田F
#8 スパークスPG 、#18 ギャリソンF 、#5 ゴードンPF 、#25 ソジャナーF 、#3 リーチC


9月28日現在、bjリーグ全12チーム内で非アジア系外国籍選手が5名在籍しているチームは、高松、大阪、浜松・東三河、の3チーム、4名在籍が8チーム、3名在籍が富山1チームとなっています。
なお、高松に所属する外国籍選手は全選手が昨季もbjリーグのチームに所属しており、bjを経験している非アジア系外国籍選手を5名揃えたチームはbjリーグ4年の歴史で高松が初めてになります。

高松は昨シーズンのベスト5に選ばれた大黒柱のウォーレン、チーム1の点取り屋ホーンを埼玉に放出しましたが、新潟をJBL時代の04-05シーズンから支えてきたベテランのギャリソンと、2シーズン(06-07 07-08 )連続のリーグリバウンド王に輝いた埼玉のゴードンを獲得しました。
計算できる選手を手堅く引っぱってきたな、というのが僕の第一印象です。青木HCの談話やチーム関連の記事を読むと、日本人選手の成長を(図る為の起用法やチームコミュニケーションを)理解してくれる(であろう)2人を補強、という解釈もできます。

ゴードン ギャリソン2

今オフ、bjリーグ内での有力外国籍選手の移動は高松に限った事ではなく、仙台ダヴィッツ→大阪 大阪ニュートン→沖縄 沖縄ウォルトン→大阪 大分エアー→沖縄 大分エリス→浜松・東三河 福岡プライス→大分 福岡ペッパーズ→!? 新潟ウェブ→富山 と例年以上にリーグ内での動きが目につきます。
また、外国籍選手総入れ替えとなったチームは、新潟、富山、埼玉、大分の4チームで、新規2チームを含めると、bjリーグ全12チーム中半数の6チームが外国籍選手と日本籍選手との関係を1から築かなければならない事になります。

このオフはJBLからbjへの大きな動きがありました。浜松・東三河フェニックス(OSGフェニックス)のbj加入です。主力選手が抜けたとはいえチーム丸ごとのbj移籍はインパクトが大きく、世界で3番目に大きい236cmの孫明明選手の入団はマスメディアに大きく取り上げられました。
また、今シーズンはJBLのチームからbjのチームに4名の選手が移籍しました。JBL東芝 志村→bj仙台、JBL東芝 町田→bj滋賀、JBL北海道 菅原→bj沖縄、そしてJBL三菱からbj高松に移籍してきた高田。
昨シーズンJBLからbjに移籍してきた富山の蒲谷、沖縄の澤岻はチームの中心選手となって活躍しています。今シーズン移籍してきた、志村、町田はプレマッチで素晴らしい動きをしていたという情報も目にします。JBLに在籍1年、しかも怪我をしていた高田選手にJBLブランドを求めるのは酷かもしれません。しかし、JBLからbjに移籍してきた選手の共通意識の中には「bjで出場機会を掴み取る自信」というものが必ずあるはずです。チーム内の日本人選手の競争意識を高める為にも高田選手の活躍は必要不可欠だと思っています。

昨シーズンのアローズに対する感想なども08-09シーズンの開幕戦までにはアップしたいと企んでいます。


前置きが非常に長くなってしまいました。

高松市総合

話を戻してプレマッチ。自分が会場に到着したのは18:00過ぎ(19:00試合開始)だったのですが、2階自由席はメイン、ベンチ側共に7割程の席が埋まっていました。会場の運営はプレ(1階席も自由席)という事もあってかシンプルに行われていました。試合開始後には1階レフト側以外はまんべんなく埋まり、主催者発表で2.400~2.500ぐらい入ったらしく2階席は立ち見がでていました。客層は子供の割合が多かったように記憶しています。平日、有料のプレマッチ(1階2.200 2階1.300 高以下700)にしてはなかなかの観客数じゃないでしょうか。

対戦するライジング福岡は、高松をやっつけてくれた昨シーズンのワイルドカードのメンバーから、ガーデナー、ペッパーズ、プライス、KAZといった主力選手が抜けています。
外国籍選手での残留はパーカーのみ。キャプテンの川面も故障明けという陣容でした。

ライジング

スタメン
高松
#8スパークス、#9岡田、#6竹田、#5ゴードン、#3リーチ

福岡
#11川面、#67原口、#13スターンズ、#32キング、#3パーカー

高松はPFのウォーレンの穴にゴードンを入れる予想通りのスタメン。福岡は、#13スターンズ、#32キングの動きに注目でした。

RNCのアナウンサーのイベントの後にティップオフ。

ゾーンやオールコートプレスなど、福岡の仕掛けるディフェンスに対して高松はパスミスやイージーミスを繰り返す場面が何度も見られました。ゴール下の強さや高さは高松が圧倒していたので、そういったミスが非常にもったいなく感じ、逆にパーカーのミドルやスターンズの1on1以外に効果的な攻撃が出せない福岡は高松のミスを確実に点につなげられるかが試合のポイントになっていました。

FT

福岡のインサイドをサイズで上まるリーチはフックシュートを打つ必要が無く、気持ち良さそうにダンクを決めまくり、この日チームのトップスコアの25得点を叩きだしました。
新加入のゴードンもリーチと共に良く走り、速攻に良く絡んでいました。際どいリバウンドも物にしようという意識が高く、無理をせずにパスも良くさばいていました。
6マンとして投入されたギャリソンのハイポストでのボールさばきはゾーンディフェンスに対して効果的でした。ここぞという時の3Pは高確率で決まり、日本人選手の3Pが不発だった事で、その決定率が際立っていました。また、キャリアと人柄を生かしてチームをまとめようとしている姿は自分を含めた多くのアローズブースターの気持ちを掴んだと思います。彼の加入は数字以上の効果をアローズにもたらしてくれるかもしれません。
高田はやはりもう少し試合に馴れなくてはならないように感じましたが、リングに対する意識は高かったと思います。FTが3/4だったのですが全て決めていれば存在感が高まったと思います。

川面はやはり怪我明けという事で1Qのみの出場でしたが、まだシーズン前のこの時期ですので無理をする必要は全くないでしょう。
福岡は昨シーズンの主要外国籍選手が抜けたことにより、ここぞという時の決定率が大幅にダウンしているように感じましたし、それが結果につながってしまいました。しかしながら4Qまで高松と競った試合展開に持っていく事に成功した、攻めるディフェンスを多用する戦術は今シーズンも貫かれると思われます。中西の復活が待たれます。

試合終了

1Q 高松   24-21   福岡
2Q    18(42)-(46)25
3Q    25(67)-(67)21
4Q    25(92)-(82)15

高松ファイブアローズ 92-82 ライジング福岡

整列

色々な選手を試したプレマッチだったのですが、実際に試合で試されて気になった組み合わせを少し書きます。

#8スパ、#9岡田、#33菊池、#18ギャリソン、#3リーチ
#8スパ、#9岡田、#33菊池、#18ギャリソン、#5ゴードン
#8スパ、#33菊池、#41高田、#18ギャリソン、#5ゴードン
#8スパ、#33菊池、#41高田(#31井上)、#18ギャリソン、#25ソジャナー

個人的にスパークスとギャリソンを併用した時のメンバーが気になりました。

後、気になったのはオフィシャルのポロシャツがBEAMSだった事。
オフィシャル
(BEAMS HP)http://www.beams.co.jp/company/html_prs/prs08091602.php

タイムアウト時の演出では仙台や埼玉のように観客一体型の演出を試そうとしていました。

予想以上に楽しめたプレマッチ。酒のお陰か!?
ダライ!!

高松市総合体育館 2階 1300円

Comments:3

hub URL 2008-09-29 (月) 10:01

ホント久しぶりの更新ですね(^^;

読み応えのある戦評・・・さすがです!

なによりベンチの雰囲気が明るい
これはマット&G効果なんでしょう
長いこれからのシーズンも、この雰囲気を忘れないで欲しいです


ナムナム URL 2008-09-29 (月) 20:58

hubさん

こんばんは

不定期ですが素人が勝手な事を書いていこうと思っています。これからもよろしくお願いします。m(__)m


今シーズンのアローズは1人で状況を打開できる選手がいなくなった分、昨季以上にチームプレーが重要になってくるのでしょうね。
シーズン終盤に、勝つ為の最善の手段としてのチームプレイという意識をチーム全員が持っていたとしたら、本当に強いチームになっているんだろうと思います。

逆に手段が目標化していたら・・・。

ナムナム URL 2008-10-08 (水) 02:23

JBL→BJ 移籍選手の記載漏れがありました。

JBL日立→BJ滋賀 小島佑太選手

JBLレラ北海道(AC)→BJ東京 矢田公作選手(米国籍)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/95-bd9fc57a
Listed below are links to weblogs that reference
bjリーグプレシーズン9月26日高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合 from ダライ録

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > bjリーグプレシーズン9月26日高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合

bjtv
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。