Home > スポンサー広告 > 高松ファイブアローズ専用新アリーナ構想発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

亀太郎 URL 2007-11-07 (水) 06:32

開幕連勝おめでとうございます!

ナムナム URL 2008-03-31 (月) 00:06

ブログオーナーのナムナムです。

最近なぜかヤフーのブログ検索に弾かれている私のブログですが、
このエントリーについての追記をさせていただきます。

本日、運営の方に直接確認した所、「アローズドーム」の構想はいまだに(3月30日現在)
構想の域を出ず、詳細な予定地及び着工の目処も全く立っていないとの事でした。

たしかリーグの平均動員目標が3,000人だったように記憶しているのですが、
高松市総合体育館の座席数は、3,000に達していないと思われるので、
サンメッセ香川などを新会場にする予定も質問したのですが、その予定も今の所は無いそうです。

新会場の前に今シーズンの観客動員伸び悩みという問題があるのですが、
その問題についてはいずれ違うエントリーで書こうと思っています。

来シーズンもファイブアローズのメインアリーナは高松市総合という事ですね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/62-2c41e92c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ダライ録
Trackback from 『日本の不動産』を調べる 2007-12-12 (水) 23:43

穴吹工務店株式会社穴吹工務店(あなぶきこうむてん、英語|英称:Anabuki Construction Inc.)は香川県高松市に本社を置く大手不動産・マンション建設事業者。サーパスマンションシリーズを全国で展開する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu (more…)

Home > スポンサー広告 > 高松ファイブアローズ専用新アリーナ構想発表

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > 高松ファイブアローズ専用新アリーナ構想発表

高松ファイブアローズ専用新アリーナ構想発表

昼食時うどん屋で読んでいた、香川地方紙「四国新聞」1面にビックニュースがありました。


高松ファイブアローズ、三木町に専用アリーナ

 男子プロバスケットボール「bjリーグ」に所属する高松ファイブアローズの球団オーナー穴吹英隆氏(穴吹工務店社長)は30日、本拠地となる専用アリーナ「アローズドーム」(仮称)を香川県木田郡三木町内に建設する構想を示した。

 同日、高松市内で開いた同チーム決起集会のあいさつの中で明らかにした。

 穴吹氏は、「バレーボールやハンドボール、コンサートなども開ける施設にしたい」とした上で、「今季には間に合わないが、来年夏には完成する予定」と述べた。

 規模は明らかにしていないが、建設場所は、穴吹工務店グループの穴吹ハートレイが11月1日に開業する三木町下高岡の「ヴィラ讃岐」内と見られる。
(略)
(2007/10/31 四国新聞)

http://www.shikoku-np.co.jp/sports/bj/article.aspx?id=20071031000072


今までは私を含めたファンの希望・妄想の中限定で描かれていた、「新アリーナ」が、「アローズドーム」という現実的構想となって発表されました。

まずは候補地となっている、「ヴィラ讃岐」について。


穴吹ハートレイが「サンピアさぬき」購入

 穴吹ハートレイ(香川県高松市)は1日、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構から体育施設を備えた宿泊施設「サンピアさぬき」(香川県木田郡三木町)を購入したと発表した。香川県内唯一のアイススケートリンクなどの機能は継続し、一部リニューアルする方針。

 同社は穴吹工務店グループで、ヴィラ塩江(香川県高松市)などのリゾート事業を展開。施設取得により事業の強化を図るほか、「地域貢献やスポーツの振興に一層貢献したい」としている。
(略)
 同社は昨年の国民年金健康保養センターかがわ(香川県高松市塩江町)に続き、整理機構の施設の落札は2件目。10月末に同社に引き渡すまでサンピアさぬきの営業は継続する。現在の名称は使えず、名称や具体的な運営計画を今後検討する。
(2007/08/02 四国新聞)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/article.aspx?id=20070802000130


この「サンピアさぬき」を名称変更したのが、「ヴィラ讃岐」で、先の引用記事にあるように今回新アリーナが建設される予定地であるわけです。
分かりやすくまとめると、昨今問題になっている赤字年金保養施設をファイブアローズオーナー企業である穴吹工務店グループが落札、再開発事業の一部として「新アリーナ」建設構想を発表したという事です。

余談ですが、ファイブアローズホーム会場の飲食関係は、上記に書かれている先に落札された、「ヴィラ塩江(香川県高松市)」が運営しています。生ビールの注ぎ方はプロでした。

落札にあたって優遇処置もとられるようです。


113施設543億円で売却 香川県内3件-年金整理機構
(略)
 年金保養施設などはこれまで国有施設として固定資産税を免除されていたが、民間事業者が取得すると課税され事業継続に支障が出るため、整理機構は各地の自治体と交渉。今月までに富山県上市町など12市町が資産税の減免や補助金での支援を決めた。ほかに35自治体が同様の措置を検討しているという。
(略)
(2007/10/24四国新聞)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20071024000123&ref=rss


とにかく収益事業として成立してもらいたいものです。

さて、私は「サンピアさぬき」改め、「ヴィラ讃岐」に1回も行った事がないので、早速「新アリーナ」予定地の下見をしてきました。

いつリンク切れするか分かりませんが、旧名称「サンピアさぬき」のHP
http://www.kjp.or.jp/hp_79/

建物の前面南側部分は駐車場でした。ここを改修するのでしょうか?

そして北側、テニスコート5面を改修するのでしょうか?
ヴィラ讃岐北側3

それとも、東側プールを改修するのでしょうか?
ヴィラ讃岐北側1

妄想が膨らみます。

この「ヴィラ讃岐」敷地内には、穴吹工務店が所有するホッケーチーム、「サーパス穴吹アイスホッケークラブ」のホームリンクもあります。
(サーパス穴吹アイスホッケークラブHP)
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/hshinkawa/sahc/

ホームリンク
ヴィラ讃岐北側2

先の記事で、「新アリーナ」はバレーボールでも使用とありますので、「四国Eighty8Queen」も使用するのでしょうか?
(四国Eighty8Queen HP)
http://blog.shikoku-np.co.jp/eighty8/

そうだとすれば、「ヴィラ讃岐」は香川のインドアスポーツの拠点になるでしょう。

今回の「新アリーナ」構想に対する私の感想は、もちろん第1に大変興奮する発表であり、完成したアリーナの雰囲気など、今から妄想が膨らみっぱなしです。
高額な高松市総合体育館使用料や、座席数問題、駐車場問題も解消されると思います。
ただチームの方向性は、「サッカーJリーグ」のクラブチームよりも、「プロ野球」の球団により近くなったな、というイメージがします。
しかし、「東北楽天」のように積極的に市民が試合運営に関わっている球団もあります。ファイブアローズも市民ボランティアの受け入れなどで、チームと県民との距離を縮め、県民の広い支持を受けるチームになってもらいたいです。
チーム本拠地が高松市から東の木田郡三木町に移る事で、イメージ的に高松ファイブアローズから香川ファイブアローズへという感じもします。

私は「新アリーナ」が建設されるとしたら、高松市中心部活性化という観点から、サンポート高松の空き地、もしくは地元企業の計画断念で宙に浮いた大的場健康体育センターの跡地。郊外だとサンメッセ香川付近。
というように勝手に妄想していたので、三木町構想には少し驚きました。
高松市中心部で買物・仕事をした後のスポーツ観戦、といいう予定には少し厳しくなるかもしれません。

しかしながら「新アリーナ」は大変魅力的であり、来夏が今から待ち遠しく、08-09シーズンのオールスターは「新アリーナ」開催かなあ・・と妄想も。

今から「ヴィラ讃岐」、「新アリーナ」に注目していきます。


Comments:2

亀太郎 URL 2007-11-07 (水) 06:32

開幕連勝おめでとうございます!

ナムナム URL 2008-03-31 (月) 00:06

ブログオーナーのナムナムです。

最近なぜかヤフーのブログ検索に弾かれている私のブログですが、
このエントリーについての追記をさせていただきます。

本日、運営の方に直接確認した所、「アローズドーム」の構想はいまだに(3月30日現在)
構想の域を出ず、詳細な予定地及び着工の目処も全く立っていないとの事でした。

たしかリーグの平均動員目標が3,000人だったように記憶しているのですが、
高松市総合体育館の座席数は、3,000に達していないと思われるので、
サンメッセ香川などを新会場にする予定も質問したのですが、その予定も今の所は無いそうです。

新会場の前に今シーズンの観客動員伸び悩みという問題があるのですが、
その問題についてはいずれ違うエントリーで書こうと思っています。

来シーズンもファイブアローズのメインアリーナは高松市総合という事ですね。

Comment Form

Trackback+Pingback:1

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/62-2c41e92c
Listed below are links to weblogs that reference
高松ファイブアローズ専用新アリーナ構想発表 from ダライ録
Trackback from 『日本の不動産』を調べる 2007-12-12 (水) 23:43

穴吹工務店株式会社穴吹工務店(あなぶきこうむてん、英語|英称:Anabuki Construction Inc.)は香川県高松市に本社を置く大手不動産・マンション建設事業者。サーパスマンションシリーズを全国で展開する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu (more…)

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > 高松ファイブアローズ専用新アリーナ構想発表

bjtv
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。