Home > スポンサー広告 > bjリーグ1/18高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合体育館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ナムナム URL 2009-01-21 (水) 21:27

hubさん

スパムコメントを削除したつもりが、hubさんのコメントまで削除してしまいました。
申し訳ありません m(__)m
幸い文章は残っていたので、ここに転載します。

********************

> hub
>
> 「ニホン ノ チュウシャ フトイ」
>
> あの体に似合わず、注射が怖いそう
> そして大の飛行機嫌い
>
> 課題だったFTもみっちりオフに練習したんでしょうね
> 今シーズンは上手になってます
> 時たま見せる華麗なフックシュート
>
> そう言えば、今シーズンは去年みたいに怒ってマウスピースをベンチに向かって投げつけることも
> してない・・・
> 試合前には必ずバナナを食べてた
>
> 本当に大黒柱になって、アローズに居なくてはいけない存在になった
>
> あぁ・・・・・ため息しか出てきません
>
>
>

********************

こんばんは

そうそう、フェリーに乗っている写真か何かでびびっているリーチにニヤニヤした記憶があります。

ゴール下で腕振り回しまくって、ファール取られまくるリーチも今は懐かしい・・。


次の沖縄、大阪シリーズにはキクとリーチが居ない。。
こりゃ気合入れてブーストせないかんですね!

ナムナム

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/110-7d9f7d5b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ダライ録

Home > スポンサー広告 > bjリーグ1/18高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合体育館

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > bjリーグ1/18高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合体育館

bjリーグ1/18高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合体育館

 
 小雨の降る中、前日に続き自転車で行ってきました。
aroaro.jpg
 
 試合前、前日にテクニカル2つで退場になったニューマンHCと審判団が入念な協議を行っていました。試合が荒れてしまった翌日は、両チームのHC、キャプテンを交えて行えば意義のある物になるのではないでしょうか。
確認

スタメン
 高松 喜多 岡田 スパークス ギャリソン リーチ 
 福岡 川面 千々岩 パーカー ローガン テイラー

 高松は前日と同じく、怪我のゴードンに代わってギャリソン、3番にスパークスを起用、1番に日本人で喜多という布陣。怪我のゴードンは次節のオールスターには出場予定という事です。

 福岡は前日のスタメン、Gのブライアント193cmに代えてF/Cのローガン213cmを起用。

 1Q、高松はスパークスの気迫そのままに、出だし9-0と走るものの、福岡が三友、呉屋を投入後、得意のオールコートプレスで流れは福岡に、22-24で1Q終了。

 2Q、この試合を通して好調だった呉屋の3Pや、前半だけで20P以上を叩き出したリーグ得点王パーカーのインサイドプレイにより、序盤26-36と福岡が10Pリード。中盤、高松は3ファールで一気にファールトラブルに陥ったリーチに代えてギャリソンを投入。インサイドがソジャナー、ギャリソンとなった所でディフェンスをゾーンに。このアクシデントが結果的に功を奏し、外角が全く入らず得点が伸びない福岡に対し、残り2分の所でkazの3Pが決まり41-38と高松が逆転。43-38で前半終了。

480

 3Q、kazの積極的な守備からスティールが連続し、中盤52-42と高松が10Pリードを奪う。

 この日のkazはゲームコントロールはもちろん、ディフェンスや玉際が非常に厳しかったです。私が1番印象に残ったのは、レイアップをブロックされて思いっきりコートにダイブした後、間髪入れずに起き上がりデイフェンスに猛ダッシュで戻る彼の姿でした。高松の選手はあのように飛ばされた後、下や上を向いたり、審判に何かをアピールする選手が多いのですが、kazのプレイには一瞬もそのような「間」がありませんでした。ディフェンスはもちろん一瞬たりとも気を抜かないプレイ。間近でいいものを見せてもらいました。

kaz

 ソジャナーの活躍などで66-55と高松二桁リードで3Q終了。

ソジャナー1



 そして、運命の第4Q。


 四国新聞の記事を引用します。


高松、ホーム6連勝/バスケbjリーグ
2009/01/19 09:45

(略)
「こんなにつらくて、悔しくて、悲しいゲームは初めて」。前半戦を2位で終えた高松の青木ヘッドコーチに笑顔はなかった。

 8点リードで迎えた最終クオーター残り1分59秒、シュート体勢に入ったリーチに福岡の川面がファウル。体勢を崩したリーチは、パーカーと接触しゴール下に倒れ込んだ。青木ヘッドコーチは、無理な体勢からのファウルに納得いかない様子。右ひざを負傷したリーチは、救急車で病院に直行。

(略)

四国新聞
http://www.shikoku-np.co.jp/sports/bj/article.aspx?id=20090119000077&ref=rss


 目の前にうずくまる二人の選手。コートの奥から烈火の如き勢いでスパークスが駆け寄り、川面選手と審判に詰め寄っていました。その勢いに審判はテクニカルファールを、私を含めた会場の観客はコート上にただならぬ事態が起きている事を認識し、静まり返りました。私は倒れている二人や、目の前を担架で運ばれていくリーチを直視する事ができず、リーチの負傷箇所が膝である事は試合後に知る事になりました。しかし、既にシュート体勢に入っている選手を意図的にファールという手段で止めるという行為が、今節の試合中及び今までの試合の中でも行われていて、目の前で起きたその行為が結果的にリーチの怪我に繋がったという事は理解していました。そして、試合中断の際、審判団の協議の結果、そのファールをフレグラントファール(アンスポーツマンライク・コンタクト)としなかった事に疑問を持っています。

 仲間として当然のテクニカルをもらったスパークスが負傷のリーチの代わりにFTを2本決め、その後レインボー3Pを1本、試合終了間際、気持ちの強烈に入ったスーパーダンクを1本叩き込んで試合終了。

1Q 高松22-24福岡
2Q 21(43)-(38)14
3Q 23(66)-(55)17
4Q 20(86)-(70)15

 高松 86-70 福岡 で高松の連勝。


++++++++++

 1月19日、リーチの怪我の詳細が発表されました。


高松・リーチ今季絶望/バスケbjリーグ
2009/01/20 09:30

 bjリーグの高松ファイブアローズは19日、ライジング福岡戦で負傷したジョージ・リーチ(27)が、右脚の膝蓋靱帯(しつがいじんたい)断裂で全治6カ月と診断されたことを発表した。今季中の復帰は絶望となった。

(略)

四国新聞
http://www.shikoku-np.co.jp/sports/bj/article.aspx?id=20090120000061&ref=rss



 全治6ヶ月、今季絶望という事は、もう彼のプレイを高松で見られない可能性があるという事です。

 昨シーズン、ファイブアローズの補強の目玉だった、ジョージ・リーチ選手。
 昨季のプレシーズンや開幕戦で長身のサウスポーから繰り出されるフックシュートにブースターの期待は大きく膨らみました。しかしその後、開幕戦での期待をピークに、ファールがかさむと感情のコントロールができず審判にイライラ、インサイドを共に務めるレジーとの間もギクシャク、年を越す頃には、フックシュートやFTの精度が著しく落ち込む時期がありました。しかしアメリカンジョーク好きの憎めない性格や、大分のエリス、仙台のワーティーなどリーグを代表する選手をしっかり押さえ込む活躍など、後半戦になるとリーグにも慣れたのか徐々に調子を上げ、チームにはなくてはならない存在でした。個人的に印象深い思い出は、3/30大阪戦。彼がインサイドでボールを持った後、試合展開に興奮していた私が最前列から「GO!GO!GO!」と叫ぶと、勇敢に1ON1の勝負に行き見事にスコアしてくれ、「声が届いたかも!?」などと、まるでコンサートのアイドルの目線に対する追っかけの如く、勝手に通じ合った気がしたりしました。高松で2シーズン目を迎えている彼との間には、私以外のブースターの皆さんも様々な思い出があると思います。
 今シーズン、インサイドでの存在感は更に増し、ダンク数リーグ3位、ブロック数リーグ2位、FG成功率リーグ2位と、相変わらずチームのファールキングではあるものの、前半戦を通して、まさに大黒柱と呼ぶに相応しい活躍でした。彼のアメリカンジョークは今季も健在で、高松の日本人選手がジャンプボールを跳ぶ時には必ず自分が跳ぼうとするし、この日もベンチから大きな声を出していた怪我の菊池選手を気遣って、というかいつも通りじゃれ合っていて、4Qのあの時までいつも通りの彼を見せてくれていました。

 今回の怪我が後遺症などを残さない物であるように祈るばかりです。

リーチダンク 526
第3Q、今シーズン最後になってしまったダンクを叩き込むリーチ選手。

高松市総合体育館 1階指定

Comments:1

ナムナム URL 2009-01-21 (水) 21:27

hubさん

スパムコメントを削除したつもりが、hubさんのコメントまで削除してしまいました。
申し訳ありません m(__)m
幸い文章は残っていたので、ここに転載します。

********************

> hub
>
> 「ニホン ノ チュウシャ フトイ」
>
> あの体に似合わず、注射が怖いそう
> そして大の飛行機嫌い
>
> 課題だったFTもみっちりオフに練習したんでしょうね
> 今シーズンは上手になってます
> 時たま見せる華麗なフックシュート
>
> そう言えば、今シーズンは去年みたいに怒ってマウスピースをベンチに向かって投げつけることも
> してない・・・
> 試合前には必ずバナナを食べてた
>
> 本当に大黒柱になって、アローズに居なくてはいけない存在になった
>
> あぁ・・・・・ため息しか出てきません
>
>
>

********************

こんばんは

そうそう、フェリーに乗っている写真か何かでびびっているリーチにニヤニヤした記憶があります。

ゴール下で腕振り回しまくって、ファール取られまくるリーチも今は懐かしい・・。


次の沖縄、大阪シリーズにはキクとリーチが居ない。。
こりゃ気合入れてブーストせないかんですね!

ナムナム

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/110-7d9f7d5b
Listed below are links to weblogs that reference
bjリーグ1/18高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合体育館 from ダライ録

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > bjリーグ1/18高松ファイブアローズvsライジング福岡@高松市総合体育館

bjtv
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。