Home > スポンサー広告 > bjリーグ12/07高松ファイブアローズvs富山グラウジーズ@丸亀市民体育館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/106-8c16e084
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ダライ録

Home > スポンサー広告 > bjリーグ12/07高松ファイブアローズvs富山グラウジーズ@丸亀市民体育館

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > bjリーグ12/07高松ファイブアローズvs富山グラウジーズ@丸亀市民体育館

bjリーグ12/07高松ファイブアローズvs富山グラウジーズ@丸亀市民体育館

 
前日の試合は 高松100-86富山 と勝利したものの、偶数Qにピリッとしない時間帯があったらしいアローズ。
丸亀開催、快晴の2日目。約一ヶ月ぶりのホームゲームに行ってきました。

丸亀市民体育館
 
 昨シーズン開幕前の運営会社撤退から、常にぎりぎりの財政状況が続く富山グラウジーズ。 今期は開幕直後に主力外国籍選手が怪我による長期離脱。浮上のきっかけをつかめず前節の直前にHC更迭。HC代行を置く非常事態下、3連敗での丸亀入りでした。
 そんなチーム状況を打破しようと、遠く富山から丸亀に多くの富山ブースターが駆けつけていました。シーズンチケット1800枚の支える力は本物です。

蒲谷
※12月10日付けで新ヘッドコーチに石橋貴俊氏(バッサン)が就任しました。グラウジーズ公式HP


 対するアローズは約1ヶ月前の11/08.09 vs沖縄戦連敗の後、11/15 アウェイvs福岡初戦を落とし3連敗。通算5勝4敗と、貯金が底をつきかけた翌11/16vs福岡2戦目。前半を終え45-35と福岡にリードを許す苦しい展開。ギャリソンの積極的な指示により行われていたコート内での円陣も組まれず、bjtvからも重苦しい雰囲気が伝わってきました。
 迎えた後半、高松はガード陣を、喜多、岡田、スパークスに変更。これがスパークスの爆発を呼び込むと、福岡の支柱キャプテン川面の怪我というアクシデントが重なったとはいえ、83-99と見事に逆転勝利。この勝利が転機となり翌週の11/21.22 vs浜松戦もソジャナーの活躍などにより僅差を物にして連勝。高松は通算8勝4敗の3連勝でのホームゲーム。通算3勝9敗、3連敗の富山とは文字通り対照的なチーム状況で今節を迎えました。


 構造上外気温の影響をもろに受けてしまうのらしい、丸亀市民体育館。前日は凍えたという話を小耳に挟み、そういえば3月も寒かったな、とか、あの時カズが怪我をして、翌日にタケも怪我をして、ドーモ君がいて、大勝の後に負けて・・。などと、寒さによってネガティブ寄りな記憶をぐるぐるさせながらのTIPOFFでした。

スタメン、前日6日に続き
高松  スパークス 岡田 竹田 ゴードン ソジャナー
富山  宍戸 蒲谷 ウッドヤード ウェブ カマラ

前半

 1Q、岡田選手の3Pから竹田選手のスティール→ダンクで逆転すると、そのまま高松の勢いが加速し、前半を終えて 高松59-42富山 後半も高松の勢いは衰えず、高松117-78富山。 先に長々と書いた通りの勢いの差で圧勝。ゴードンのアリウープバスカンなどお腹いっぱい楽しませてもらいました。

1Q 高松33-22富山
2Q 26(59)-(42)20
3Q 20(79)-(59)17
4Q 38(117)-(78)19

得点版

 ちなみにこの日の高松の117得点はbjリーグ最高得点タイ記録らしく、並んだもう一つの記録は3/30、3OTの高松113-117大阪。なんだかあと1点欲しかったです・・。
 総数でいえばアシスト数も35と、富山の14に比べ倍以上の数でした。

 富山はカマラの高さと、ウェブの得点力が印象に残りましたが、個人的に注目していた蒲谷選手に昨年のような躍動感が無かった事が残念でした。

 高松は竹田12P、菊池12P、ギャリソン15Pと、この日3選手がシーズンハイの得点を稼ぎました。菊池選手は兜の緒をきつめに締めているようですが、竹田選手にはぜひこの勢いのまま、気負いを少し落とした感じで次の試合に臨んでもらいたいです。

 この日は終始、高松がセーフティーリードを保った状態で試合が進んだのですが、後半になり、ある程度勝利が確実になってきた場面でも、全てをベンチメンバーには代えず、喜多、野々口、高田を1人ずつ投入し、チームとしてより実践的な経験を積ませていました。それはリーチファールアウトで井上が入っても変わらず、無理に井上にボールを集めず、井上はチーム内でのリバウンドという仕事に専念しているように見えました。

スタメン・ソジャナー1
(スタメンで生き生きしているソジャナーを間近で観るのもなかなかに良い物でした。)

 起用でいえば、やはりソジャナーのスタメンでしたが、試合を観てみるとリーチのスタメン落ちという印象が強く残りました。昨年の高松加入以来初めてスタメン落ちをしたリーチは、慣れない途中出場でリズムを崩したのか、先の浜松戦でミンミンにリズムを狂わされたのか、今節は15分、23分の出場で両日共にファールアウト。

 次節に対戦する滋賀はサイズの大きいチームなので特にリーチの復調が急務なのですが、個人的には復調後でも、ソジャナー、喜多、ギャリソンを効果的に使った試合を観たいですし、年明けの沖縄、大阪戦など上位との対戦になると、やはり高松の強みである選手層を生かさないと勝ち越せないのではないかと思います。

 見てる立場、口で言うのは簡単です。・・はい。

HC.jpg


 しかし、久々のホームゲームほんとに楽しませてもらいました。

 ダライ!!

 丸亀市民体育館 前売り
うちわ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://namu.blog84.fc2.com/tb.php/106-8c16e084
Listed below are links to weblogs that reference
bjリーグ12/07高松ファイブアローズvs富山グラウジーズ@丸亀市民体育館 from ダライ録

Home > bjリーグ ファイブアローズ関連 > bjリーグ12/07高松ファイブアローズvs富山グラウジーズ@丸亀市民体育館

bjtv
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。